CRMシステムを導入すれば仕事が捗ること間違いなし

企業をアピールする絶好機

展示会場

新規取引先との商談に活用

企業では自社製品や提供サービスの売上を伸ばして業績を拡大するため、さまざまな形で営業活動を行っています。企業や法人を相手にしたビジネスでは営業マンが取引先を巡回するのが常ですが、そうした通常の営業スタイルでは新規取引先の開拓に苦労する例も多いものです。新規顧客と接触するきっかけを掴むにはイベント開催も効果的で、特に展示会への参加は大きな成果につながります。展示会には何らかのテーマが設定され、家電や自動車・機械・通信といった業種・業界ごとに開催されるのが一般的です。同じ業界に属するライバル企業も多数参加するため会場内での競争も想定しなければなりませんが、その業種に関わりがあって出展品に関心を持つ関係者が多く訪れます。展示会に参加している企業に対しては信頼性が持たれることもあって、そうした関係者へのアプローチがしやすい点が最大のメリットです。展示会の会場で自社に割り当てられたブースの装飾等に工夫を凝らすことで来場者の目にも留まりやすくなり、新商品や企業の効果的なアピールができるのです。展示会の会場では参加企業と来場者との間で名刺交換や情報交換が活発に行われており、その場で商談にまで発展する例も少なくありません。中小企業でも普段はなかなかアプローチできないでいた大企業の関係者と接触の機会が持てるとあって、展示会参加をきっかけに大口取引が開始された例も多いものです。展示会の期間中に来場者の名刺やアンケート用紙を収集し、それらを見込み客のデータとして商品開発等の目的に活用している企業もあります。このように活用次第では絶大な営業効果を生む展示会が国内外で数多く開催されており、それぞれの業界にとっては企業をアピールする最大の晴れ舞台と見なされています。とは言え展示会は参加そのものが最終的な目的というわけではなく、新規顧客開拓や商談につながるという点で利用価値の高い営業手法なのです。